ウザワシステムとは?

 

ウザワシステムは代表鵜沢戸久子が40年前、以下の目標を持って始めた英語指導法です。
1. すべての生徒が英語・受験で自信が持てる英語教育
2. 単なる日本語と英語の交換ではなく、学ぶ内容が総合的な能力の育成につながる英語教育
3. 使える英語力の習得のための英語教育
4. 能力のある生徒たちが留学に匹敵しうる英語力を高校で習得できる英語教育

直接生徒を教えている中から考え出され、改良を重ねてきたので、理論だけではない、実際的な効果があります。
「一日30分程度CDをかけ流し(ただ流しているだけです)、
宿題をし(次の授業までに30分程度で終わる宿題です)、
決まった時間数ウザワに来る(小学生は週1回、中高生は週1回~2回)」
これだけで高校卒業時にはそのまま仕事で使える位高い英語力がついている、そんな方法です。
大学に行っても、仕事をしても、一から英語をやり直す必要はありません。

そんなウザワシステムとは?
「母国語を利用して、脳の言語野に英語の場所をつくる
そして 英語⇔日本語の転換がすぐにできる能力を育てる」方法です。

ウザワシステム栗山英語教室は、ネットワーク教室として本部と同様の内容で授業を行います。
生徒のカリキュラムは本部の教育担当と常に相談し一人一人に最適なものを検討しています。
また、本部での研究会を通じて常に新しい情報の習得に努めております。
dictionary

鵜沢戸久子先生の本

日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法 (Forest2545Shinsyo 22)